メニュー

担当者のひとりごと「冬のFFは炭水化物重ね?」

[2023.11.30]

日に日に寒くなってきていますが、皆様は風邪をひかれたりしていないでしょうか?

新型コロナとインフルエンザが流行り始め、気の置けない日になってきました。

そんな時は栄養補給!!医療機関がこんなことを言うのもナンですが、食べたいものを食べないと活力が沸いてこないんですよ!

食事はカロリーとかバランスも大切ですが、幸せを感じれるかどうかもとっても大事!だと思うのです。

私が幸せを感じる食事にファーストフードがあります。

皆様にも、なんだか急に、とにかく無性に、食べたくなるアノ瞬間が何度も訪れたコトがあるのではないでしょうか!

ファーストフードは季節やイベントで色々なメニューが出てくるのも楽しいですよね。

そんな季節商材で、ちょっと気になっているのが冬のメニュー。。。何であんなに炭水化物を増やしていくのでしょう?

グラタンはマカロニもホワイトソースも小麦粉で、コロッケのパン粉もジャガイモも炭水化物。

パイももちろん小麦粉でシチューのルーも大半は小麦粉使用してますよね。

まあ、小麦粉が万能食?だから使用頻度が高くなるという理由は否めないですが、他の季節は「ソース変・味変」「野菜増し」「チーズ増し」「たまご追加」みたいにバリエーションが多岐にわたっているのに、冬は「炭水化物推し」な傾向が強いと思います。

冬は寒さをしのぐために熱量変換しやすいものを。。。的な発想ですかね?

皆さんも、面白い発見があったら、X(旧Twitter)コメントでぜひ教えてください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME