訪問診療対象の方

対象は様々な理由で病院・医院への外来通院が困難な方です

医療機関に通院していたが、通院すること自体が難しくなってきたとき。

近いうちに退院するように言われているが、今のまま自宅に帰るのでは退院後の生活や介護が不安なとき。

退院後も引き続き自宅での医療機器の使用が必要なとき。

がんや老衰などで、残された最期の時間を病院でなく自宅で過ごしたいと望まれるとき。

在宅ホスピスケアを希望されるとき。

など

訪問診療 受診までの流れ

自宅療養中の場合

各院に直接電話していただくか、介護保険利用中の場合はケアマネジャーまたは訪問看護師にご相談ください

入院中の場合

まず入院中の病院の医療連携室や医療相談室(もしくはケアマネジャー)などで、退院後に訪問診療について御相談ください。直接当院へお電話いただいても構いません。

施設入所中の場合

有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、小規模多機能施設、グループホームへは訪問診療が可能です。 施設の担当者・管理者とご相談のうえで連絡して下さい。

流れ

患者様の状態の確認

矢印

診療システムや内容、費用負担などの説明

矢印

内容同意後、初回訪問の計画作成

矢印

訪問診療開始 予定の日時にお伺いいたします

病状に応じて、1~2週間毎の定期訪問診療を行います。

検査や薬剤について

検査については、血液検査や尿検査、超音波検査など実施可能です。その他の検査が必要な場合は外部機関と連携して行います。 お薬は 院外処方となります。処方箋をお近くの調剤薬局にご提出ください。 宅配に対応した薬局もありますので御希望に応じ紹介することも可能です。

緊急時について

あらかじめお知らせした緊急連絡先に連絡してください。24時間365日いつでも対応いたします。

対応可能医療処置

点滴

静脈注射

胃瘻

腸瘻

経鼻経管栄養

在宅中心静脈栄養(HPNまたはIVH)

在宅酸素療法(HOT)

在宅人工呼吸器、NPPV

気管切開カニューレ、喀痰吸引

膀胱留置カテーテル、腎瘻、膀胱瘻

人工肛門

麻薬を用いた疼痛緩和ケア など

対応可能検査

各種血液検査

超音波検査

心電図検査

費用について

費用負担の概算を下記に示します。

標準負担額とは、月2回の訪問および24時間対応体制のために要する1ヶ月あたりの負担金額の目安です。

対象 負担割合 標準負担額 負担額上限
高齢者 1割 約5~8,000円 12,000円
3割 約20,000円 44,400円
一般(70歳未満) 3割 約20,000円 80,100円+超過1% 高額医療費による返還

介護保険利用者の方は、居宅療養管理指導料(約580円)が必要となります。

在宅酸素や胃瘻、気管切開などの医療処置がある場合や各種検査を行った場合や
予定外の往診があった場合は別途費用が加算されます。

お薬については院外処方となりますので薬剤費は別途必要になります。

クリニック